ジオツアー・ガイドのご依頼・ご相談はこちらから!

※下記おしらせのイベントへの参加は、各記事に記載のお申し込み方法をご確認ください。

2017年

3月

22日

第3回インタープリターブラッシュアップ自主講座「ジオパークにおける地質資源の保全を考える」を開催しました。

第3回茨城県北ジオパーク インタープリター ブラッシュアップ自主講座「ジオパークにおける地質資源の保全を考える」を2017年3月21日(火)に茨城大学で開催しました。

今回の講座には、糸魚川ユネスコ世界ジオパークフォッサマグナミュージアムの竹之内耕氏を講師に招き、茨城県北ジオパークと筑波山地域ジオパークの関係者など35人が参加しました。

続きを読む

2017年

3月

13日

2017.5.14開催:「機初の里ジオハイキング」のご案内

かつては幡の南北に延びる台地上に数多く存在していた長幡部一族の古墳群。結城紬の発祥の地である常陸太田市の機初(はたそめ)の里を、茨城県北ジオパークのインタープリター(大地の案内人)が歴史に触れながら楽しくジオガイドします。

昼食は茨城県北ジオパーク応援弁当「ジオ丼」をいただきます。

新緑の機初の里を散策し、辿る昔の物語とジオの景観を楽しみませんか。

 

続きを読む

2017年

3月

13日

2017.4.16開催:「神峰山・高鈴山ハイキングコース 清掃登山」のご案内

茨城県山岳連盟は、地域自然保護活動の一環として県内の主要ハイキングコースの清掃登山を毎年行っており、今年も日立市の神峰山・高鈴山ハイキングコースをオオシマザクラの咲く季節に開催します。

茨城県北ジオパークは清掃登山を共催し、インタープリター(大地の案内人)がコースで見られる植物や日本最古(約5億年前)の地層や岩石等の解説を行います。

この清掃登山は、一般の方の参加を歓迎しており、自然保護やボランティア活動に興味をお持ちの方の参加をお待ちしております。

続きを読む

2017年

3月

03日

茨城県庁展望ロビーでのインタープリターによる茨城県北ジオパークの案内【2017年3月の予定】

県庁25階から茨城県北ジオパークを一望
県庁25階から茨城県北ジオパークを一望

茨城県庁25階の展望ロビー(北側)において、茨城県北ジオパーク推進協議会の認定を受けた「インタープリター(ジオの案内人)」による、県北地域の「地形・地質」や「自然」、「ランドマーク」の案内と「茨城県北ジオパーク」の紹介を行っています。

あわせて、展望ロビーでは国内のジオパーク各所のパンフレットが展示されています。

 

2017年3月の予定 

3月  4日(土)13:00~16:00
3月12日(日)13:00~16:00
3月25日(土)10:00~13:00 

 

続きを読む

2017年

2月

28日

第3回インタープリター ブラッシュアップ自主講座「ジオパークにおける地質資源の保全を考える」を開催します。【終了しました】

写真は第2回自主学習の様子
写真は第2回自主学習の様子

第3回茨城県北ジオパークインタープリターブラッシュアップ自主講座「ジオパークにおける地質資源の保全を考える」を来る2017年3月21日(火)に開催いたします。

 

地域遺産の保全はジオパーク活動の重要なテーマで、今回はこれに必要な知識と意識の向上を目的に、糸魚川市のフォッサマグナミュージアム学芸員竹之内耕様を講師にお迎えして学びます。

続きを読む

コラム

2016年

10月

03日

ノーベル賞に地質学賞はない・・・?

今年もノーベル賞が話題になる時期になりました。

 

近年は日本人の受賞者が相次いでいることもあってメディアでの注目度も高く、特に気にしていなくてもテレビやネットで知らされるような状況です。

 

ひとくちにノーベル賞と言ってもいくつかの分野に分けられていて、物理学賞(日本人受賞者11名)、化学賞(同7名)、生理学・医学賞(同3名)、文学賞(同2名)、平和賞(同1名)、経済学賞(同0名)の6分野からなっています。

続きを読む

2012年

12月

11日

足元の大地は何歳?

地質図Navi(日本列島に地質図を重ねて表示している)
地質図Navi(日本列島に地質図を重ねて表示している)

地質図をはじめ、活断層や火山の分布など様々な地質情報を閲覧できるサイト「地質図Navi」をご存知でしょうか。

 

 

地質図Naviは11月に独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)が試験公開したサイトで、これまでに産総研や他の機関によって整備されてきた地質に関する情報を、Googleマップや電子国土に重ねて表示することができます。

続きを読む

茨城県北ジオパーク推進協議会加盟機関

筑波銀行