2010年

11月

30日

12月18日(土)、「カフェでジオパークを語ろう」サイエンスカフェ水戸が開催

コーヒーでも飲みながら (画像はイメージです)
コーヒーでも飲みながら (画像はイメージです)

「ジオ」とは「地球」のことを指します。
その土地に特有の地質や化石などを「大地の遺産」として知り、現在ここにある自然や、それらを利用した人間活動による文化をも楽しむのがジオパークです。

茨城県北地域には、5億年にわたる「大地」「自然」「文化」の魅力がたくさんあります。これらがつながる物語を体験できるのが、「茨城県北ジオパーク構想」です。

では、具体的に茨城にはどんな見所があるのでしょうか。そこには、どんな地球の歴史の秘密が見えているのでしょうか。



サイエンスカフェ水戸では、そんな茨城の見所を茨城大学の天野一男教授に紹介していただきます。
そして、このような見所のジオパークとしてのさらなる楽しみ方を、みなさんと考えてみたいと思います。

 

■日 時: 2010年12月18日(土)14:30〜16:30

■場 所: Cafe&Gallery Gurunpa(ぐるんぱ) 1Fギャラリー

      茨城県水戸市水府町1502

     (駐車場あり。JR水戸駅からはバスで水府町バス停下車すぐ)
■テーマ: カフェでジオパークを語ろう
■ゲスト: 天野一男教授(茨城大学理学部)
■参加費: 1000円(ケーキと飲み物のセット、会場費を含む)

■主 催: サイエンスカフェ水戸


■定 員: 25名

■申込み: 事前に以下のアドレスまで、メールにてお申込みください。

      camelo@sannet.ne.jp

      ※宛  先: 尾林彩乃
      ※タイトル: 「サイエンスカフェ水戸申込み」

      ※本  文:  お名前とご参加人数、何を見てお申込をされたか