• ホーム
  • ジオパークとは

ジオパークとは

ユネスコ世界ジオパークネットワーク
日本ジオパークネットワーク
茨城県北ジオパーク

 

ジオパークとは「地球・大地」(ジオ:Geo)と「公園(パーク:Park)」を組み合わせた言葉で、「大地の公園」という意味です。ジオパークはその土地の地層や岩石、火山、断層といった自然や歴史・文化をまるごと学び、親しみ、楽しむことのできる場所です。山や川を良く見てその成り立ちと仕組みに気付き、生態系や人間生活とのかかわりを考える場所です。足元の地面の下にある岩石から宇宙まで、数十億年の過去から未来まで、山と川と海と大気とそこに住む生物について考える、つまり地球をまるごと考える場所、それがジオパークです。

日本のジオパーク

日本ジオパークマップ

 

日本のジオパークの認定状況

GP=ジオパーク

日本GP 世界GP
2008年 洞爺湖有珠山、糸魚川、島原半島、山陰海岸、アポイ岳、南アルプス(中央構造線エリア)、室戸が日本GPに認定。 7 0
2009年 隠岐、阿蘇、天草御所浦、ふくい勝山が日本GPに認定。洞爺湖有珠山、糸魚川、島原半島が世界GPに認定。 11 3
2010年 白滝、伊豆大島、霧島が日本GPに認定。山陰海岸が世界GPに認定。 14 4
2011年 男鹿半島・大潟、磐梯山、下仁田、秩父、白山手取川とともに、茨城県北が日本GPに認定。室戸が世界GPに認定。 20 5
2012年 八峰白神、ゆざわ、銚子、箱根、伊豆半島が日本GP認定。 25 5
20013年 三笠、三陸、佐渡、四国西予、おおいた姫島、おおいた豊後大野、桜島・錦江湾が日本GPに認定。隠岐が世界GPに認定。 32 6
2014年 立山黒部、南紀熊野、天草、苗場山麓が日本GPに認定。阿蘇が世界GPに認定。 36 7
2015年 栗駒山麓、Mine秋吉台、三島村・鬼界カルデラが日本GPに認定。アポイ岳が世界GPに認定。 39 8
2016年 下北半島、鳥海・飛鳥、浅間山北麓、筑波山地域、箱根(エリア拡大による新規認定)が日本GPに認定。 43 8

PAGE TOP